「星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会」に行ってきました

クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会
3月15日の土曜日に「星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会」@世田谷文学館へ行ってきました。マキタニさんが「クラフト・エヴィング商會」が大好きなのですよ。

架空のセレクトショップ”、クラフト・エヴィング商會の“おかしな”展覧会がやってくる!(pen onlineより)

架空だけど、中には本物もあり「これはどっちだ??」とひとり悩みながら展覧会を楽しみました。

星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会チラシ
二つ折りのフライヤーを開くと商品パンフレットだった!

星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会チラシ2
「道化師の鼻」「青鉛筆」、まあ売っているか。鼻はお菓子みたいだねぇ。。

星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会チラシ3
「つむじ風食堂の夜」は出版された本。映画化もされました。右側のは・・・これは売ってない架空モノ!!早口言葉の例のアレ。

ムーン・シャイナー 月下密造計画 号外
「ムーン・シャイナー 月下密造通信 号外」この展覧会のために作られた壁新聞をもらいました。

ムーン・シャイナー 月下密造通信号外ウラ
ウラ面は「電氣ホテル」という小説の「見取り図」らしいです。展示会場にも同様のものが貼られていたと思います。

なかなか実物の架空の商品(ややこしい・・・w)を一同に見られることはないと言うことで、遠方から来ている方もいたようです。

マキタニさんのブログ→ 「星を賣る店 クラフト・エヴィング商會のおかしな展覧会」世田谷文学館にて

世田谷文学館
3/30までです。

関連ブログ記事: