「野口哲哉展―野口哲哉の武者分類図鑑―」@練馬区立美術館に行きました

野口哲哉展―野口哲哉の武者分類図鑑―」@練馬区立美術館に行きました。
野口哲哉展1
西武池袋線の中村橋からすぐ。こののぼりをたどっていけば着きます。

野口哲哉展2
ぱっと見たら「(昔の)甲冑の展示なのか」って絶対思う。。。

現代美術作家の野口哲哉さんの展示で、すべて「でっちあげ」の世界です。が、作品を遠目で見る限りは、過去のモノにしか見えないものもたくさんありました。昔の美術作品(屏風など)を見て、「へぇーーこれも野口さんが描いたのか!」と最初はだまされました・・・

さすがにシャネルのマークがついた甲冑は「でっちあげ」だとわかりましたが、来場していたお年寄りの方々とかは「こんなモダンな甲冑もあったのかー」と勘違いしてなきゃいいな、なんて。

そうそう、甲冑を着たフィギュアの中にポーズが乙女チックなものもあってキュンとしました(笑)。全体を通して「苦笑」の連続だったのですが、作品の細かさには驚きました。

野口哲哉展3
マキタニさんが本を買いました。

3月14日(金)20時~BS日テレの「ぶらぶら美術・博物館」で紹介されるそうで、こちらの番組も楽しみです。

マキタニさんのブログでも書いてます。
野口哲哉展「野口哲哉の武者分類図鑑」が予想通りおもしろかった

関連ブログ記事: