アンドレアス・グルスキー展@国立新美術館に行ってきました

アンドレアス・グルスキー展
国立新美術館でやっていた「アンドレアス・グルスキー展」に行ってきました。(すでに終了してます)

写真展かと思って行ったら大間違いでした。写真をデジタル編集して芸術作品を作る・・・。上の写真は「カミオカンデ」というタイトル。岐阜県にあるニュートリノの観測所で撮影した写真をデジタル編集したものです。
公式ページではいくつか作品が紹介されてます。

しかし、どうやって撮って、どうやって加工するんだろう??画面にうつる全てにピントをあわせる加工って一体・・・??(調べたら分かりそうだけど)

公式ページにも掲載されている「F1 ピットストップ IV」はマキタニさんが言うには「(ピットにいる)人が多すぎる!」と言ってますが、実際はどうなんでしょう?確かに座ってじっとしてる人もいるなぁ。

写真だから現実なんだろうけど、非現実な印象を受けるというこの展覧会、かなり面白かったです。

国立新美術館
国立新美術館って来たのは初めて!建築家の黒川紀章(くろかわきしょう)氏の設計だそうです。ミュージアムショップが広くて、また行きたい!

関連ブログ記事: