特別展「深海」@国立科学博物館に行ってきました

NHKスペシャル「世界初撮影! 深海の超巨大イカ」で初めてダイオウイカの存在を知った我が家では、この深海展を楽しみにしてました!
夏休み前の平日、開館と同時に入ったので、ゆったり見ることができました。

深海の生き物の標本がいろいろと展示されてました。聞いたことはあるけど、実際にみたことないものがたくさん!写真撮影もOKだったので、おもしろそうなものを撮ってきました。

おぉぉ、口が開いてコワイ・・・誰?(左にはマキタニさんが写ってますね)


ムツエラエイの裏と表です。


タカアシガニは剥製でした。


リュウグウノツカイは聞いたことある!


チョウチンアンコウ。


説明プレートの写真が衝撃的だったので記念に撮ってきました。標本もちょっと怖かった。


イカいろいろ。


ダイオウグソクムシ。我が家ではちょっと旬な生き物。巨大なダンゴムシ。


そして全長5メートルのダイオウイカの標本。上にぶら下げてある、同じ大きさのオブジェも迫力あります。記録に残る最大のものは全長18メートルだそうです。目玉の大きさもバレーボールくらいだそう。


せっかくなので、ダイオウイカと記念撮影のマキタニさん。


おや、そんなスポットが・・・


ノリノリ!


深海の生き物をけっこう食べているのですよ!というコーナー


ソデイカという大きなイカ。


お寿司になってるそうです。


グッズも充実してて、散財しました~
この夏は深海の生き物ブームですね。HNKスペシャルは映画にもなるそうです。迫力あるだろうなぁ。

博物館では大きな画面で、世界初撮影のダイオウイカの映像が流れてました。
ダイオウイカをおびき寄せるために、潜水艇にソデイカというイカを餌としてつけられていました。必至に足で食らいつくダイオウイカ。しかし、これを引き離して持って行くことができず、最後にはあきらめて深海の暗闇に消えていくという場面・・・
ちょうどこの場面から見た後ろの女性は「何?!子どもを産んだの?!」と言ってました。ちょっと笑った。

特別展「深海」の公式サイトはこちら

関連ブログ記事: