1/27善福寺公園野鳥観察会で勉強したことなど

1/27に参加した善福寺公園野鳥観察会で勉強したことと後日調べたことを書いていきます( ・∀・)ノ

●キジバトについて
ハト@善福寺公園
キジバト(2012-11-7撮影)
首のところにシマシマがあるのが特徴です。
現在の80円切手、昔の62円切手はキジバトです。
切手に鳥の柄が多いのは「郵便物を早く運ぶ(運びたい)」からだとか?

stamp
80円切手はキジバト。50円切手はオシドリです。
日本郵便の普通切手一覧はこちら

ハトにも種類があるのです。
ハト@武蔵関公園
このハトは「ドバト」といいます。(「カワラバト」ともいう)
キジバトは「デデッポー」でドバトは「クルックー」と鳴き声も違うみたいです。

●メジロ
メジロ@善福寺公園
メジロ(2013-1-8撮影)
この鳥は目の周りが白いので「メジロ(目白)」です。「メグロ(目黒)」という鳥もいるのですが、小笠原諸島にしかいないとか・・・
体の色が「ウグイス色」なのでウグイスと間違えられる鳥です。ウグイスはもっと渋い茶色っぽい地味な鳥さん・・・春の鳥っぽいウグイスは実は一年中いるのだそう。「ホーホケキョ」と鳴くのは春だけで、あとは地味な鳴き声ですって。
サントリーの鳥百科で鳴き声が聞けます→こちら

ハトなどは身近すぎて調べたこともなかったのですが、今回初めて知ったこともあり、興味深いなぁと思いましたよ。また観察会などあれば参加してみたいと思います!

関連ブログ記事: