2012年5月8日 井の頭自然文化園へカイツブリのヒナを見に行きました!

井の頭自然文化園のサイトでカイツブリのヒナが孵化したとのニュースなどなどを見たので行ってきましたよー♪
カイツブリのいる所は分園の水生物館という建物の中。

途中でカメラ友達のれいちゃん(ブログ:森へ行く日)と合流し、二人で小一時間くらい?水槽の前でへばりついてました(笑)

カイツブリの親子@井の頭自然文化園
生まれたのが5/3なので、一週間も経ってないんだー。
カイツブリ自体が小さい鳥なので、ヒナの大きさは女の人の片手でも余るくらいかな?
親鳥の背中の羽の中に隠れて、ほとんど見えないのですが、たまーーに顔を出してくれました。

カイツブリの赤ちゃん@井の頭自然文化園
れいちゃんが「うり坊みたい」と言ってました☆しましま模様~

カイツブリの赤ちゃん@井の頭自然文化園
こんなに小さいのに、エサをモリモリ、親鳥から食べさせてもらってましたよー。
1時間に1回、エサのコオロギとかミールワーム(虫ね・・・)を与えてると飼育員さん。
巣からじっと動かないお母さんも、エサを食べるために泳ぎ出し、ヒナをみるチャンスかと!

展示場所があまり明るくなかったので、キレイな写真は撮れませんでした・・・残念。
動画も撮ってみたのでよろしければ!

前にある竹がジャマだ~(T_T)また見に行こう~~♪

井の頭自然文化園には外にもカイツブリを展示してます。下のカイツブリは国産。
カイツブリ@井の頭自然文化園
眼の虹彩(こうさい。黒目の周りになるのかな)が白っぽいので、ちょっと目つきが悪そう(^▽^;)
虹彩が黒いのはヨーロッパの亜種だそうですよ。
飼育員さんに教えてもらいました~ありがとう!

関連ブログ記事: